肌色のマンション

不動産売却を行う際は熱心に売却活動を行ってくれる会社を探そう

家を買う際には土地に気をつけよう!

きれいなマンション

家を買う際に気をつけなければならないのは何か。広さや間取りなど、目に付くところは沢山あります。
しかし、一番見落としてしまうのが土地です。その土地の地盤が大切です。過去にその土地は何であったか非常に重要です。一見、綺麗な住宅地ですが、埋め立て地だった場合は地震などの影響で地盤沈下したり液状化現象が起こります。
そうなった場合、土地の値段は一気に下がり売ることも出来ない、住むことも出来ない状況に陥ります。ですから、家を買う際は時代を遡って土地の状況を把握する必要があります。
また、気に入って買った家は本当にあなた名義の土地になっていますか?意外と知られてませんが、悪質な不動産会社の場合、土地の登記簿を他人名義のまま家を売り出す事があります。契約時に知識のある不動産の専門家を立ち会わせないと見落としてしまう事があります。実際に、契約時に登記簿が他人名義の為に契約中止になったケースがあります。
そして、一番最悪なケースが登記簿が他人名義と知らずに住み続けてしまうことです。私の祖父母が亡くなった際に実は家の半分が隣の土地だということが判明しました。
家を売る事もできないので、一旦その土地を買取し測量などをしてもらうなど莫大な費用と時間がかかりました。孫の代まで続く大変な事案になりますので、土地には気をつけましょう!

update post

news